ジブリにつきものの都市伝説!

絶大な人気を誇る「魔女の宅急便」にももちろん都市伝説が存在します。

ジブリ作品の中でも、こんなに可愛らしい主人公はいないのではないかという作品の一つが「魔女の宅急便」です。

 

 

 
 

スポンサーリンク




 
 

主人公のキキは、魔法使いの見習いとして特訓を受けている(木にぶつからないように飛ぶ練習etc)ところから物語は始まります。

その後、魔女の世界の古いしきたりとして、13歳になったら他の町で暮らして独り立ちするために、違う街へ黒猫のジジと一緒に旅立ちます。

 

そして、「魔女の宅急便」の作品内で、主人公であるキキがスランプを迎えてしまう時期がありますよね。

 

ほうきで空が飛べなくなり、ジジの声が聞こえなくなってしまいます。

せっかく始めた宅急便のお仕事は一時お休み・・。

あのシーンのキキを見ていると胸がギューっと締め付けられるようです。

 

でも何故魔法が使えなくなってしまったのか?

その理由・・・知ってましたか?

 

「魔女の宅急便」を見た視聴者は様々な推測をしていました!

男1

思春期の心の不安定な時期と風邪による体調不良が重なったから!

外人

小さい頃からある特定のスポーツを続けてきたスポーツ選手が、成長により骨格や筋肉が成長したり、トレーニングで筋肉が増えたりすることで、一定期間自分の身体ながら動かし方が分からなくなりスランプに陥ることがあるように、キキも精神的に成長したことでスランプ状態に陥った。

男2

街の可愛くオシャレした女の子(自分にはないもの)を見て、自分もああなりたい、と羨ましく思い、現在の自分を否定してしまったから。
ラストではトンボを助けるために魔女としての自分を強く必要としたことで魔法を取り戻した!

 

本当に様々な意見があり、どれも説得力があります!

こういうハッキリと原因を指し示さないボカし方や想像力をかき立たせる表現の上手さは宮崎監督ならではという感じです!

 

ちなみに、角野栄子さん原作の児童文学「魔女の宅急便」方を覗いてみると・・?

原作でもキキの魔法の力が弱まってしまう、ジジとも話ができなくなったという場面があります。

原因は「恋」!

 

キキが気持ちの上で魔女でなくなり人間に近づいてしまったため。

キキのお母さんであるコキリさんもキキのお父さんと恋に落ちた事で魔法を一つ忘れてしまっています。

うろ覚えですすが(汗)

 

 

しかし、宮崎駿監督が描く

「魔女の宅急便」のキキが

魔法を失った理由・・

実は「恋」ではないのです。

 

キキがトンボやおソノさんの住む街へやってきた段階では、まだまだ幼い女の子としての描かれ方であり、まさに「天真爛漫」と言う言葉がぴったりの元気いっぱいの女の子という印象が強いですね。

しかし物語が進んでいく中で、キキも大人っぽく変化していくのが見て取れます。

宮崎監督は、必ずといって良いほど少女が成長していくという姿を描きますので、まさにキキもその成長する瞬間を我々に見せてくれます。

「成長」というのは、とりわけ悪いことや傷ついたことなどが起こる逆境の時に発生するイベントであることが多いですよね。

思春期を迎えた子供は、以前よりもより感情的になり、自身の体の変化とともに感情や考え方も大きく変化していきます。

その過程で、今まで考えなかったことを考え、今まででは悩まなかったことに悩みます。

おそらく誰しもが一度は通る道で、こうした経験のない人はいないかと思います。

キキにとっての逆境は、まだ幼いながらも唯一使用できる魔法である「飛ぶ」という行為ができなくなってしまったということ。

 

 

では、なぜキキは飛ぶことが出来なくなってしまったのでしょうか?

 

 

キキが飛べなくなった理由

何故主人公のキキは途中で飛べなくなってしまうのか?

私個人としての意見を述べさせていただくと、トンボという少年に恋をしたからだと思っていました。

キキは13歳。

 

ちょうど思春期を迎える時期であって、そこに「恋」という人生の一大イベントが発生するのですから、精神的に大きく揺さぶられて不安定になったとしても何ら不思議ではないですよね。

誰かを強く想うこと、自分よりも大切な人がいるのかもしれない・・・という想いは、短いながらも生きてきた人生の中で非常に大きな出来事だといえるでしょう。

ネット上でも、キキが飛べなくなってしまった理由は、トンボに恋をしたからだという意見が多数です。

普通に作品を見ていたら、多分誰しもが思うのではないかと思います。

キキがトンボを意識して行動しているというのは明らかに見て取れるからですね。

原作でもそういう展開ですし。

 

しかーし!!!

 

ここで宮崎監督のインタビューを紹介します。

 

 

どうやら宮崎監督としては、トンボとキキは恋に落ちるような間柄ではないようですね(笑)

 

そして重要なキーワードが「女の子なら分かる」という点。

これは男の子にはわからないということ。

そして13歳の女の子でも分かること。

 

・・・つまり女性の身体に起きる変化・・・思春期前後の少女に訪れる身体的変化のビッグイベント・・・つまり初潮であると推察ができるのです。

現在、平均初潮年齢は12歳と言われていますので、時期的にピッタリ!

初潮は思春期の女性に起きる体の変化であり、大人へ成長する階段の一歩です。

そのため、精神的・身体的にも大きな変化があり、今まで通り魔法を使うことが出来なくなってしまったのです。

 

実は「千と千尋の神隠し」の千尋に関しても途中で初潮を迎えたという都市伝説が存在します。

千尋の場合は、お腹が痛くなる描写があり、さらにそこを境にどんどん大人っぽい表情に変化していき、当初の泣き虫の女の子というイメージを覆すような女性に変化していきます。

思春期前後の女の子を主人公に据えることが多い宮崎監督としては、一つの心理的な描写、大人への成長という点で「初潮」は描きやすいものなのかもしれません。

 

そしてキキにも、ほうきで飛べなくなった時、お腹を押えて痛そうなシーンがあるんです!

 

千尋の方が明らかにお腹を押さえて「んっ・・」とうめいていますし、リンに

「おい、どうしたんだよ?しっかりしろよ。」
「気持ち悪いんだって。」

と、心配されているのでより分かりやすいかもしれませんね。

 

ネット上でも諸説ありますが、この都市伝説に関しては、宮崎監督の発言にて一件落着。

まあしかし、視聴者が感じることを非常に大切にしている監督ですので、見た人が感じたことが真実なのだと考えても良いと思います!

 

 

スポンサーリンク




 

 

そして、キキにとってのもう1つの逆境!

それはジジの声が突然聞こえなくなってしまうこと!

 

ジジの声が聞こえなくなった理由

これも、ネット上で様々な推測が飛び交っていますが、おそらく一般的に考えて、

キキが飛べなくなった = キキの魔法の力が弱くなった =

それが原因でジジの声も聞くことが出来なくなってしまった

という考察が多いように思います。

 

また、もう1つの有力な説としては、ジジは途中で恋人のような相手を見つけます。

エンディングでは、その白猫(リリー)との間に子供が産まれていますので、作中で良い雰囲気を漂わせたそのままに、2人は結婚したのでしょう。

原作によると、魔女は生まれた時、同時期に生まれた黒猫と一緒に育てられるそうです。

しかし、相棒として育った2人も、お互いにパートナーを見つけると同時に離れて暮らすようになるのがこれまでの慣習なのだとか。

 

確かにキキのお母さんの側には黒猫は見当たりません。

これを踏まえても、ジジがパートナーを見つけて別の道を歩み始めたから(キキとの関係より猫との関係に重点を置くようになったため)、もうキキと話せなくなった、という解釈は十分な信憑性があるような気がします。

ちなみに原作では、キキはまたジジの言葉が分かるようになっているんです。

 

では、宮崎監督が描く「魔女の宅急便」はどうなのでしょうか?

映画「魔女の宅急便」でも、最後にキキが飛べるようになり、魔法力が戻ったのですからジジが喋るシーンがあっても良いですよね。

実際にはそのようにジジが話すシーンはありません。

 

セリフは「ニャー」のみ。

 

一体ジジが喋らなくなったのはどのような理由のためなのでしょうか?

キキの魔法力が戻っても聞こえない、ということは、ジジに恋人ができたからなのでしょうか?

 

ここでも宮崎監督のインタビューを引用しましょう。

 

完全に予想だにしない答え!

 

 

あの物語を見て、この正解にたどり着ける人は感受性が豊かすぎる気がしますね(笑)

 

この答えは婉曲表現過ぎて分かりにくいため解説しますと、宮崎監督が言いたいことはつまり

「ジジはしゃべれなくなったのではなく、最初から喋っていなかった。」

ということなのです。

 

ジジが話しているセリフは全てキキの心の声、当初はキキとジジの声を同一の声優さんにしようという話もあったとか。

確かに、13歳の女の子が1人で遠い町に飛んでいき、そこで新しい生活を始めるのですから、そりゃ話し相手の一人や二人いないと心細いですよね。

そのため、まだ幼いキキにとっては「ジジが喋る」ということは、心の支えとして機能していたのかもしれません。

 

しかし、物語の中盤でおそらく初潮を迎えたと思われるキキは、自身に起きた精神的・身体的変化を乗り越え、一つ成長をします。

そうなると、ジジがしゃべらなくてもキキは強く生きていけるようになった・・・のかもしれませんね。

 

確かに、物語の中でジジが話しかけるのはキキだけ。

ジジがしゃべれなくなったのは、キキの魔法と関係があるのでは・・・と感じていましたが、とんだ勘違いということなのですね。

ここでもまた、宮崎監督は原作とは違う世界観を作り上げたようです。

 

男不安

視聴者の中には箒に乗って魔法が使えるファンタジーな作品なのだから、猫が話す世界観も問題はない!
そこだけ変にリアリティを求めても・・・。

という感想があるようです(笑)

 

まあ、たしかにファンタジーの作品ですからね。

そこだけ変にキキの精神を疑うような背景を盛り込まなくてもいい気がしますが、やはり宮崎監督の世界観というのは、ないようできちんと存在しており、何の理由もなしにいろんな変化を起こしたりはしないのです。

しかし、それをきちんと正確につかみ取るのは至難の業(笑)

「魔女の宅急便」はてっきり初恋の物語かと思っていましたが、一人の女の子が新しい土地で新しい人達に囲まれ、その中で起きる環境や体の変化を乗り越えながら一皮むける物語・・・ということでしょうか。

 

ただ、そうすんなりと頷けない矛盾点もいくつかあります。

 

それは、以下の2点。

●キキがいない場面でもジジが話をしていること
(リリーと最初に目が合った時にプイと無視された時など)

●明らかにジジとキキが意思疎通をしていること
(人形のフリして!とかいう無茶ぶりにも応えてくれています)

 

しかし、物語の中盤以降でジジがしゃべらなくなった際には、ジジは普通の猫のような振る舞いをします。

キキの言っていることを聞いていないように、勝手気ままに行動をします。

それは実に猫らしい振る舞い。

キキが飛べるようになってからの二人の詳しい描写はあまりないですが、喋ってはいません。

ただ、意思疎通はできるようになっている可能性はあります。(キキの箒にジジと子猫を乗せて飛んでいるので)

 

つまり、ここから言えることは、キキの魔法の力によってジジと意思疎通はしていた、ということです。

 

 

「魔女の宅急便」の冒頭でキキのように別の町で修業をしている若い魔女に遭遇します。

 

スタジオジブリ作品「魔女の宅急便」より引用

 

この魔女の箒にも黒猫が乗っているため、魔女と黒猫はセットで行動をするのでしょう。

魔法の力によって、意思を通わせるということは十分に考えられます。

 

 

つまり、総合して考えると初潮という大きな体の変化により、精神的にも乱れてしまい、結果的に一時的に魔法が使えなくなってしまったキキ。

その際に、ジジとの意思疎通も行えなくなってしまいました。

ただ、ジジは元々話をしていたわけではなく、キキの意思を代弁して「会話」という形式を通して視聴者に見せていたわけですが、キキ自身まだそれを理解していません。

キキが魔法を使えなくなった変化をはっきりと見せるために、「ジジが喋らなくなった」という描写を見せます。

さらにキキが一つ成長したことを見せるために、話をしなくなったジジをそのまま受け入れるキキの姿も描いたのではないでしょうか。

 

 

ちょっとややこしい話になっていますが、最もつじつまが合うような気がします。

皆さんはどのように感じたでしょうか?

でも、私としては原作通り、ジジの声はキキの心の声などではなくやっぱりジジはジジで、またキキとジジは話せるようになっていて欲しいですけどね!

これもまた正解だと、宮崎監督は言ってくれそうですし!

 

ちなみに、原作「魔女の宅急便」では、キキの30代まで描かれていて、映画「魔女の宅急便」で映像化された部分はほんの最初の部分だけなのです。

宮崎監督のショートヘアーのキキとは違い、ロングヘアーの可愛い女の子!

こちらも興味があれば是非オススメします。

長くなりましたが・・最後に、信じるか信じないかはあなた次第!

 
 

スポンサーリンク