ジブリ作品は、作品の境を超えて繋がり・関連性を持っている場合があります。

ほんの一例を挙げると、

  • 「千と千尋の神隠し」の千尋は、「もののけ姫」のサンの子孫(「千と千尋の神隠し」の設定資料集より)
  • 「耳をすませば」の雫が作家になって書いた物語が「猫の恩返し」である
  • 聖司が図書館で読んでいる「霧の向こうの不思議なまち」という本は、「千と千尋の神隠し」の原作だと噂されている本である
  • 「平成狸合戦ぽんぽこ」の妖怪大作戦中に「紅の豚」のポルコの飛空艇、「魔女の宅急便」のキキ、「となりのトトロ」のトトロが紛れ込んでいる

 

 

 
 

スポンサーリンク




 
 

 

他にも書ききれない程あるのですが、「魔女の宅急便」にもそのような関連性が見受けられるんです!

何の作品と繋がっている思いますか?

実は、あの「飛ばねぇ豚はただの豚だ。」のセリフが印象的なクールガイが出演する「紅の豚」と繋がっているんです!

トンボのおばあちゃんが・・・?

 

 

「紅の豚」とリンクしている?

「魔女の宅急便」と「紅の豚」は同じ欧州が舞台となっています。

欧州では、魔女や魔術といったものは危険視されており、「魔女狩り」「魔女裁判」などが流行るなど、魔法に関して全く寛容とは言えない土地柄です。

しかし、この2作品に共通している「魔法」や「空を飛ぶこと」。
※ポルコが豚になったのは彼自身の魔法によるもの、という設定です

何だか魔女や魔術に寛容な雰囲気があるという点がありますね。

 

この2作品がリンクしているのは、あの印象液な家政婦が関係しています。

 

 

「紅の豚」の3人の老婆のひ孫が「魔女の宅急便」の家政婦

「魔女の宅急便」に出てくる、孫の誕生日に「ニシンとかぼちゃの包み焼」を届けてほしい、とキキに依頼する上品な雰囲気の老婦人がいますよね?

 

の老婦人に仕えている家政婦を覚えていますでしょうか。

魔女の宅急便の家政婦は結構パンチが効いている人なので、覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

彼女の名前はバーサ!

私は昔、老婦人がバーサを「婆さん!婆さん!」と呼んでいるのだと思っていました・・。

何だかこの上品な老婦人に似合わない乱暴な呼び方だな・・と違和感を感じていたのですが、名前がバーサというんですね(汗)

 

電気が嫌いで、キキが「蒔のオーブンを使ってお料理を焼いてみては?」という提案に大賛成してくれましたね。

キキから預かったほうきにまたがり、私も飛べないかしら?と、飛ぶマネごとをしてみたり、キキを見て目を輝かせている姿が印象的です。

 

この人!

 

この家政婦はニシンパイの荷物を受け取りに来たキキの姿を見て、こんなことを言います。

 

ひい婆ちゃんに聞いた具体的な内容までは語られていませんが、「黒猫にホウキ・・」とつぶやいていますね。

この発言は、ひい婆ちゃんから魔女のことについて聞いていたという事実に他なりません。

ここ、アンダーラインです(笑)

 

 

さて一方の「紅の豚」を見ていきましょう。

マルコが大破した愛艇をピッコロのおやじに持ち込んだ時、ピッコロのおやじがたくさんの親戚(全員女性!)を従業員として大集合させて飛空艇を作るシーンがありましたね。

その召集された親戚の中に登場する3人の老婆の方は覚えていますか?

その中の一人が「魔女の宅急便」の家政婦の風貌に似ています。

 

この人!

 

そしてこの老婆も気になる一言を言います。

さらに気になることに、「魔女を見たことがある」ということも言います。

魔女を見たことがあって、普段からお小遣いを上げるようなひ孫が存在している・・・おそらく魔女を見たという貴重な体験も、ほぼ確実にひ孫に伝わっているでしょう。

 

 

つまり「魔女の宅急便」の家政婦が「紅の豚」の老婆のひ孫である・・・という結論が導き出されます。

バーサがキキを見て目を輝かせたり、物語後半で飛行船の映像や飛行船事故のニュースに(雇い主そっちのけで)テレビにかじりついて見るシーンがありましたね。

そして、キキがトンボをうまく救助で来た時の興奮ぶりときたら(笑)

あれは飛行艇製造会社「ピッコロ社」(Piccolo S.P.A.)の血が騒いだせいなのではないでしょうか?

 

 

時代のつじつまも見てみましょうか。

「紅の豚」の時代は1930年前後の世界恐慌の時代です。

 

「魔女の宅急便」の方は、明確な舞台設定はありません。

ただ、角野栄子さん原作の「魔女の宅急便」が書かれた時期と作品中の舞台が同じということであれば、1980年代前半ということになります。

 

時代の隔たりとして約50年。

「魔女の宅急便」に登場する家政婦・バーサは結構歳をとっていますからね・・・65歳はいっているとしましょうか。

そう考えると、「紅の豚」での作品中で、10歳から15歳程度のひ孫としてバーサが存在していれば、この都市伝説の関係はスムーズに処理されますね。

 

根拠としては時代のつながりと、顔と言動ですので、これだけで判断するというのも、根拠としては弱いです。

しかし、宮崎監督が制作していますから・・・(笑)

こうした微妙なリンクのように、作品間を超えて繋がりを持たせている可能性は十分にあります。

もしも本当ならば、「紅の豚」の時期には、キキのお婆ちゃんもまだ修行中の魔女として知らない町であくせく葛藤していたのかもしれませんね。何とも夢があって、実に都市伝説らしくていいですねぇ(笑)

 

 

スポンサーリンク




 

 

トンボはフィオ・ピッコロの子孫!?

「魔女の宅急便」が「紅の豚」の後の世界観として描かれていたとしたら、他にも関係性が出るものがあってもいいですよね。

ちゃんと、あるんですよ!もう1つ(笑)

 

その詳細とは「魔女の宅急便」で飛行船に魅了されている少年トンボが、「紅の豚」に登場するヒロインであり元気はつらつな女性、ピッコロ社の美人飛行機設計技師フィオ・ピッコロの子孫・・・時代的には孫かな?・・・にあたるという説です。

 

飛行機が好きで、飛行クラブに所属しているトンボ!

作品中では人力飛行機作りを研究しており、エンディングシーンでは見事人力飛行機が完成していますね!

たまに疲れて海に落ちそうになった時は、キキに糸らしきもので引っ張ってもらっていますが。

ちなみに原作では、トンボは空飛ぶ絨毯や空飛ぶほうきなど、魔法がかった非科学的な手段の研究にも没頭しています。

「空を飛ぶこと」に情熱を注ぎ、自分で空を飛ぶことを夢見るトンボの特性は、後に飛行艇製造会社「ピッコロ社」の社長を継いだフィオの血筋があればこそ・・・ということです。

 

もう1つ、トンボはキキと出会って馴れ馴れしく声をかけたところでキキに冷たくあしらわれますが、その時に、

トンボ

「さすが魔女!僕の婆ちゃんみたいだ!」

と、言うのです。

 

キキの気の強さを見て祖母を連想したということは、トンボの祖母もかなり気の強い性格と言えます。

例えば、空賊相手に一歩も引かないような・・!

 

と、するともう一つ気になる点が出てくるんですよね。

「紅の豚」でポルコと結ばれたのはフィオなのか・・・ということ。

そうなるとあのポルコの血さえもトンボは受け継いでいることになり、何とも胸アツな感じになります。

 

しかし、「紅の豚」にはもう一人のヒロインがいます。

過去に3人の旦那さんを戦争で失った哀愁漂わせるジーナ。

この件に関しては、別の記事で詳細を記載しています。

そのヒントとして存在しているのが、以下のジーナのセリフ。

 

作品内ではこの賭けがどうなったのか・・・という明確な答えは出していません。

しかし実はエンディングの際に、ジーナが賭けをした舞台であるホテルアドリアーノのところに、ポルコの赤い飛空艇が止まっているのが見えるのです。

 

  • 果たして、そのエンディングの際にジーナは庭にいたのか、赤い飛空艇はポルコなのか
  • ジーナが庭にいて、あの飛空艇もポルコのもので、ジーナがポルコを愛したとして、そのまますんなりポルコはジーナの愛を受け入れたのか

 

様々な疑問は浮かびますが、この流れ的にはおそらく、ジーナとポルコが結ばれる展開かと思います。

トンボの苗字はコボリなので、ポルコ・ロッソの本名マルコ・パゴットとも一致しませんしね。

フィオ・ピッコロがコボリさんと結婚をしたのでしょうか。

もちろん、どちらの場合も、トンボの父親がコボリ家に婿養子に入った、とか、トンボの母親がコボリさんと結婚した、ということも考えられるため、苗字だけで断定はできませんが・・・。

 

「紅の豚」ではどっちのヒロインがポルコと添い遂げるのかという点が、物語の終盤ではかなり気になるところです。

そのため、おそらく恋に破れたであろうフィオを、こうして「魔女の宅急便」の世界に関連付けていくというのは、宮崎監督ならばやりかねない話ですね(笑)

 

宮崎駿監督は

「映画に登場するキャラクター達は、作品完成後も年々自分の頭の中で年を重ねており、現在、それぞれの作品の主人公達も嫁いで元気に暮らしています。」

とインタビューで述べています。

 

例えば、「となりのトトロ」のさつきとメイも、

「そのまま若いままではいないです。いませんよ。そりゃあ。
もうさつきとメイはすっかり成人して、いい娘になって、結婚した後は知らない(笑)」

とか!

 

こんな風に映画完成後もキャラクターが頭の中に生き続けている宮崎監督だからこそ、1つの映画が完成し、また新たな映画を作り始めた時に、

「この時代でこの地域だと、〇〇(映画のキャラクター)がいそうだな。××の孫が生きていてもおかしくないな。」

などと考え、このような関連性を持たせていても全然おかしくないと思いませんか!?(笑)

 

おそらく、こうした宮崎監督の遊び心・作品の余白が、ジブリが愛されている大きな理由だと思います。

信じるか信じないかはあなた次第!

 
 

スポンサーリンク